2011.05.25

今村昌平だらけ

110525_1

01:復讐するは我にあり(1979年)

110525_2

02:赤い殺意(1964年)

110525_3

03:うなぎ(1997年)

110525_4

04:赤い橋の下のぬるい水(2001年)

110525_5

05:カンゾー先生(1998年)

110525_6

06:楢山節考(1983年)

110525_7

07:にっぽん昆虫記(1963年)

110525_8

08:豚と軍艦(1961年)

110525_9

09:女衒 ZEGEN(1987年)

110525_10

10:ええじゃないか(1981年)

110525_11

番外01:黒い雨(1989年)

110525_12

番外02:にあんちゃん(1959年)

一気に見ました。面白かった順に並べてみました。
古い物から最近の物まで、良い悪いは別として、みんなそれぞれしっかりとした日本人の価値観があります。
でも、今現在はどうですか?いつのまにパラダイムシフトが起こったんですか。どうしたの、日本人。

番外の「黒い雨」はあまりに辛くて…
「にあんちゃん」は天声人語だったかで取り上げられていて、見ようと思ったのですが、廃盤で、レンタルもなく、唯一5分ほどユーチューブで見ただけです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.05.11

やっぱ、こつこつと(男はつらいよ)

080511_1「男はつらいよ 純情篇」第6作 昭和46年

もう、私は単純ですから。
早速見てしまいました。

長崎、福江島に因んで。

いや〜

寅さん久しぶり。

小さいとき、親に連れられ映画館へ。

お正月に寄そう、親戚の家での鑑賞や。

そして。

080511_2「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」第26作 昭和55年

江差、奥尻島に因んで。

伊藤欄さんとても良いです。

もう今日、ちょっと遠方へ出発します。

といってもライブです。

今月はまだまだライブですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.11

UNDER BLOOD (Eliza Swenson)

070311_1 出ました。見ました。

アンダーブラッド / LEIGH SCOTT(2006)

The Divine MadnessのVictoria Mazzè ことEliza Swensonが凖!主役の映画。

エリザ・スウェンソン演ずるGRACIEは、「ナイン」ことヴァンパイア・ハンターのメンバーです。
両手にマシンガンを持ち、悪いヴァンパイアどもを蜂の巣にし、ワイヤーアクションの華麗な演技(ちょっとだけ)。

派手なお姉ちゃん達がセクシーな衣装で。真ん中が彼女。

070311_2

復習に燃える彼女の乱射シーンです。

070311_3

苦悩に満ち、相手を打ち抜いたシーンです。

070311_4

もちろん音楽はThe Divine Madnessの曲が一杯挿入されています。
効果音等、全てのスコアは彼女のもの。

まあ…
とても良いですよ!
でも…
彼女はとても良いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)