« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010.05.18

ことのは(小谷美紗子)

100518

小谷美紗子/ことのは(2010)

ちょっと最近、ランダムにアルバムをいろいろ、ずっと聴いていたオダニ。
そして、先週にミニアルバムの新譜。

懐かしのフォークソング。唱歌のような感じ。
ずっと癒されていたい感じ。
「ことのは」とは言葉。
言葉がとても響く。深く。リズムに。

それでいてある一面でのサウンドは、過激、毒もが一杯。

とても、打ちのめされながらも、癒されました。非情に。いや、非常に。
ボロボロと…

とにかく、昨日は、お昼以降、ずっと「アルプス一万尺」を超高速で鼻歌してました!
(これは、昨日の「FM802」聴いた人しか分からないと思いますが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.16

「困った人たち」とのつきあい方(ロバート・M. ブラムソン)

100516

ロバート・M. ブラムソン/「困った人たち」とのつきあい方(1997)

身近に必ずいる「とんでもない人、信じられない人」に対処するハウトゥー本。

こう云う類いの本は、よく新書版でありますが、どれもこれも、思わず苦笑。
著者のあなたが一番困った人です、とか突っ込めます!

さすが「困った人」ブームの元祖本。詳述された内容は、とても深く圧巻でした。

本書での「困った人」の分類は以下のようなものです。
1.敵意を秘めた攻撃型(シャーマン重戦車型、狙撃手型、爆発手型)
2.完全な不平家型
3.貝型
4.過剰同調型と愛想がよすぎる人たち
5.否定型
6.自信過剰の専門家型
7.優柔不断な決定回避型

周りの人たちをこういう風に7種(若しくは複数に渡る人も!)に分類すると面白いよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.12

プロフェッショナルの条件(P・F. ドラッカー)

100512

P・F. ドラッカー/プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編)) (2000)

初めて読むドラッカー3部作のうちの一つです。

例えば、

知識は、通貨のような非人間的存在ではない。知識は、本や、データバンクやソフトウェアの中にはない。そこにあるのは情報にすぎない。
知識はむかしから人間の中にある。人間が、教え、学ぶものである。人間が、正しく、あるいは間違って使うものである。それゆえに、知識社会への移行とは、人間が中心的な存在になることにほかならない。

云々

いたるところで初めの文節では?な感じがするが、読む進めるうちに納得したり、新しい発見、思考法が見つかります。
日々の様々な考え方や行動に迷ったときに手に取り読んでみると、必ずその答えが載っている、深い内容。

仕事としてのリーダーシップでカリスマ性はいらない。
自分をマネジメントすることも企業をマネジメントすることも強みを生かすことだと。
絶えず、物事の複数の側面から見つめ、新しい視点を持つことです。

特筆すべきことは、この本の考え方に則ると、今まで絶対的に否定していた人に対する接し方も変わることです。

IT革命の先にある新しい社会で成果をあげ、成長するための必読書です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.11

アップル丸かじり(週刊ダイヤモンド)

100511

週刊ダイヤモンド5/15

面白くて一気に読みました。
今、アップル関連とドラッカー関連の話題が面白くて、面白くて。

一時期、何時潰れるだろうとヤキモキしていたアップルが今年中にも時価総額で世界一になる!?

因に、私のFlick Fan!での実力は、6級/カメ並です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.10

母の日(サイバラ水産)

100510

たまには庶民的な投稿!

昨日の母の日は、西原理恵子さんがカニ好きが高じてタイアップしたウェブショップ「サイバラ水産」で蟹を買いました。
画像は、母の日特製オリジナルイラスト熨斗は捨ててまいよったので、お礼のチラシです。
オマケに、蟹の写真を撮るのも手遅れでした。
北海道より直送の、かにをたらふく頂きました。

因に8000円以上買った人が貰える特製フィギアは後日送られてくるそうです。

因に、もう勘弁して、と云う程、蟹を食べたのは、20年前ぐらいに北海道に演奏旅行に行った以来かな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.09

The Big Machine (Emilie Simon)

100509

Emilie Simon / The Big Machine (2009)

だいぶ前からレコード会社との契約は切れたようで心配していたのですが、新たなレーベルから新譜が出ました!
しかも、日本盤も出るようなのでまた…

さすがに…ロリ声は潜め、新たな歌唱法に。
3曲目の「Nothing To Do With You」で、ぶっ飛びです。とても揺さぶられました。
艶のあるアクの強いファルセット。
もうそっくり、いやそのもの、ケイトブッシュに!

アルバムとしてはバラエティに富み過ぎです。
益々、エレクトロニクスにも力も入れ、武器もいろいろ開発し、ビデオも作り込み。

100509_2

とてもモチベーションが上がりました。
モチベーション3.0です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.04

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(岩崎 夏海)

100504_1

週刊 ダイヤモンド 2010年 4/17号(特集もっと知りたい!ドラッカー)

最初に読んだのはこちらです。ドラッカー初体験です。
下記の本の著者はAKB48のプロデューサーで、主人公の川島みなみのモデルはAKB48の峯岸みなみだと紹介されています。
そして紙面では二人が「もしドラ」について語っています。しかも、峯岸みなみの語りがしっかりしていて、とても感心です。
紙面の多くはドラッカー論、著作の紹介。とても参考になりました。
それに先日、財務3表一体理解法で取り上げた國貞 克則さん。ドラッカーに師事していたみたいで、その時のエピソードも取り上げられていました。

100504_2

岩崎 夏海/もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(2009)

この本。2度も泣かされました。
まさか、まさか、そんな〜と○○○○の予期せぬ出来事。
そして、9回裏2アウトでバッターボックスに立つ、桜井祐之助。
1球目は思いっきり空振り。
その意味するところ、私、川島みなみより先に気づきました!
そして…

感動した〜。

さて、都立程久保高校野球部は甲子園に行けたのでしょうか?
読んでのお楽しみです!

ドラッカーのマネジメント。
経営論とか組織論の究極の目的。
顧客であったり、関わる人であったり、その地域の人であったり、全ての人が豊かになれる。
つまり、その目的は社会貢献ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.05.03

スティーブ・ジョブズ 「超」仕事力(竹内 一正)

100503

竹内 一正/スティーブ・ジョブズ 「超」仕事力(2009)

スティーブ・ジョブズ とアップルと、それとピクサー社のことがサッと分かる本です。
そして経営論に結びつけた内容。
ディズニーの個人筆頭株主もジョブズですか!
たった200ページ程では書ききれない範囲です。

2009年に校了した書籍なのですから、この後益々凄いことになっています。
2010年第一四半期の売上、利益共々過去最高ですから…

次々と、ジョブズ関連は読みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »