« 女性ギタリスト(Orianthi) | トップページ | ゼロの王国(鹿島田 真希) »

2010.04.05

この世でいちばん大事な「カネ」の話(西原理恵子)

100405

西原理恵子/この世でいちばん大事な「カネ」の話(2008)

サイバラの自伝です。
今までの数々の漫画やエッセイに書かれていたことばかりだけど、つまりあまり目新しいことはないけど、彼女の人生観がとてもよくわかります。

話は変わりますが、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」とか
「経験は最良の教師である。ただし授業料がめっぽう高い。」
と云う良い言葉があります。
もちろん経験を積んで人間は成長していくものですが、それによって得られるValue、つまり本質というのは、なかなかわからない。
いろんな事情によって多くの経験を得られないとか、合理的に経験を積むためには、読書等で知識を積むということ。
バランスよく経験と歴史を学ぶということ。

まれに、経験だけで物事の本質を見抜くという人がいます。

それが西原さん。

彼女の経験、選ぶことの出来なかった子ども時代のことから、上京してからの積極的な豊富な経験。
そこから導き出した生き方、人生論。

この本はヤングアダルト向けということもあると思いますが、平易な文章。
彼女は本を読んだりあまりしないそうだから、言葉の比喩表現は貧弱です。
でも、本質だったり彼女の心根だったり、めっぽう心に響きます。
じ〜んとするところ多々ありの、感動の一冊でした。

|

« 女性ギタリスト(Orianthi) | トップページ | ゼロの王国(鹿島田 真希) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5108/48000250

この記事へのトラックバック一覧です: この世でいちばん大事な「カネ」の話(西原理恵子):

« 女性ギタリスト(Orianthi) | トップページ | ゼロの王国(鹿島田 真希) »