« Video_4 (garbage) | トップページ | 透き通ったタマゴ(篠崎 未知佳) »

2009.06.05

乳と卵(川上 未映子)

090605_1

乳と卵 (単行本)
川上 未映子 (著) 2008

東京の夏ちゃんの部屋に、姉である巻子とその娘緑子がやってくる。
その3日間の話。
母子家庭の母巻子は豊胸手術を受けるために。
娘緑子は心の病で言葉を発しない。
筆談のみ。

へたな関西弁と読点ばかりで句点がなかなか現れないへんな文章。
所々で挟まれる緑子の日記の文章もだらだらとした関西弁。
やがてさめた夏ちゃんの前で母娘は心情を吐露し帰っていく。

つまんない話…

数日後、何となくこの本を思い出す。
いろんな場面を思い出し、それぞれの癒されないもの、不可解なもの。
ずっと抱えていく、誰もが持っている心の片隅にある闇。

買ったけど使われる事のなかった花火。
その花火の事を思うと、つらつらと。

つまり、後になってめっちゃ感動したわ!

未映子さん、先に歌手でデビューしてたんですね。

090605_2

「瞳ヴァイブレイション」のPVのメイド、めっちゃエロイゼ!

090605_3

「悲しみを撃つ手」のPV、ドラマチックだぜ!

|

« Video_4 (garbage) | トップページ | 透き通ったタマゴ(篠崎 未知佳) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5108/45247431

この記事へのトラックバック一覧です: 乳と卵(川上 未映子):

« Video_4 (garbage) | トップページ | 透き通ったタマゴ(篠崎 未知佳) »