« ヘルタースケルター(岡崎京子) | トップページ | Faithfully (Faith Evans) »

2009.04.25

ありがとう、ヘンリー(ヌアラ・ガードナー)

090425

ありがとう、ヘンリー―自閉症の息子とともに育った犬の物語 (単行本)
ヌアラ ガードナー (著), Nuala Gardner (原著), 入江 真佐子 (翻訳) 2008

重度の自閉症の息子を抱えた母の著作。
そして、自閉症児が社会に適応できるまでの手助けをしたゴールデンレトリーバーのヘンリー。
息子が生まれてから、そしてヘンリーがなくなるまでの5+12年間の日々の戦いを記録したもの。
不妊治療等の様々な苦労、努力をして生んだ妹がこれまた、凄いことに。
とても辛い内容でしたが目出度し目出度し。

母は今や、自閉症児を助ける犬を訓練するプロジェクトに関わっており、デール(息子)は大学に行き、将来は犬の育成プロジェクトに関わっていきたいと思っているそうです。

翻訳もあのトリイヘイデンのシーラの訳者で問題無し。
でも、この本は第3者のプロのライターが書いた方が良かったかも…

|

« ヘルタースケルター(岡崎京子) | トップページ | Faithfully (Faith Evans) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5108/44793072

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、ヘンリー(ヌアラ・ガードナー):

« ヘルタースケルター(岡崎京子) | トップページ | Faithfully (Faith Evans) »