« お兄ちゃん(女神さま〜) | トップページ | 懲りない・困らない症候群(笠原 敏雄) »

2009.02.12

美(Caprice)

(恥ずかしい投稿をしてしまったので、さっさと次の投稿!)

caprice

ロシアン、クラシカル、プログレッシブ、ゴシックの女性ボーカルバンド。
彼のフランスのPrikosnovenieレーベル。
現在のメンバーは7人。
メインボーカルに、作曲とキーボード全般、フルート、クラリネット、バスーン、バイオリン、ハープとサブボーカル。
アカデミックで難解な複雑な音。インテリジェンス溢れる圧倒的な美の極致。そして、あちこちに垣間みる狂気を孕んだ音。

また去年に聴いた音ですが、1年間、圧倒されました。

そんな彼らのアルバム5枚(手に入れた枚数)。

090212_1

その中の1枚にはインタビューとミックスダウンかの風景が。

090212_2

「MIRROR」1996

デビューアルバムにして最高傑作。
生音の美しさとエレクトロニクスもふんだんに取り入れた作品。
そして難解な変拍子。美しい歌声は難解なメロディー。

090212_5

「ELVENMUSIC」2001

ロードオフザリングがテーマのよう。
これも全ての音はオーケストラの音。
一番好きなアルバム。
美しすぎるボイス。
美しすぎるハープ。
そして意外にも、
美しすぎるバスーン。

090212_3

「SONGS OF INNOCENCE AND EXPERIENCE」2002

この作品は全て生音。
フルート、クラリネット、チェロ、チェンバロが印象的。
Springって曲が美しく印象的です。
ナイチンゲールって歌うところがあります。
曲の雰囲気からして童話のナイチンゲールのよう。

「SISTER SIMPLICITY」2004

090212_4

これも全てオーケストラ楽器のみ。
でも全てデジタルレコーディングでいろいろ加工している模様。
一番印象的な名曲が一杯詰まった作品。

090212_6

「KYWITT! KYWITT!」2008

意欲的な作品。
エレクトロニクスフンダンです。
そして、まさか歪んだギターが出てくるなんて!
超〜格好よい。
そして美曲も。
そして、まさかまさかのブリティッシュトラッドの名曲「Blacksmith」も取り上げています。
独自の解釈で。

とにかく美声、Inna Brejestovskayaの声に。
最高に良い。

|

« お兄ちゃん(女神さま〜) | トップページ | 懲りない・困らない症候群(笠原 敏雄) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美(Caprice):

« お兄ちゃん(女神さま〜) | トップページ | 懲りない・困らない症候群(笠原 敏雄) »