« 初期のエッセイ(西原理恵子) | トップページ | Blue Moon Night (eli) 08_39th »

2008.11.11

スルメの天ぷら(やっつけ)

腹減った…

腹減った…

あぅ〜、スルメの天ぷら食べたい…

給食であったやつ。

ハンペンみたいな、透明のビニール袋に入っていて。脂ぎっていてヌチョっとした…

そんな脂ぎったやつ。

きっと、胸焼けして、下痢なるかもしれんけど…

サクッサクッと図面仕上げたら、

プッツン!

そんなスルメの天ぷらの絵を描こうと思ったら全然違うものになったので、グラフィックアーティスト風に仕上げてみました!

081111

|

« 初期のエッセイ(西原理恵子) | トップページ | Blue Moon Night (eli) 08_39th »

コメント

そんなん聞いたら、ワシまで腹へってしもーたがな。てか、やっぱ年齢差あったのじゃった!拙者の頃の給食には、そんなんなかった。何といっても、鯨煮じゃったな。あの、固くて噛み切れないスジのような脂身。残してはいけない時代じゃったけに、地獄じゃったわ。それにしても、イカの天麩羅より、やっぱスルメの天麩羅じゃわな!でも、あの給食の脱脂粉乳、、、復讐してやる!

投稿: porkin | 2008.11.13 02:31

鯨煮もありましたね。
今となってはもっと味わってまた食べたいな、と思います。
なんと言っても半焼けのパンが不味かった。
よく端のほうが焼けてなくてドロドロ、ニュルニュル!

投稿: mokomaki | 2008.11.14 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スルメの天ぷら(やっつけ):

« 初期のエッセイ(西原理恵子) | トップページ | Blue Moon Night (eli) 08_39th »