« 陽だまりのブルース(太田友紀) | トップページ | 鳥頭紀行ぜんぶ(西原理恵子) »

2008.11.24

サイバラ茸(西原理恵子)

081124

サイバラ茸
西原 理恵子 (著) 2002

あ、失敗しました。
イロイロからの寄せ集めで、マンガが全部載っているけど、対談等の文章部分は省かれているのね。

ほとんどのページを割いているのは「恨ミシュラン」。
丁度、2年目の日本版のミシュランが刊行されるのでタイミングが良いけど。

徹底的にほとんどの名料理店をこき下ろすもの。サイバラ流で(実名で)。

印象に残ったのは、知り合ったばかりのさん青木光恵(漫画家)をこき下ろす。
でぶ、でぶ、でぶ。あんたぐらい太っていたな死ぬな。さいてい。
ジミー大西に似ててすごくいや。
って。
青木さんはアホーと言いながら泣いて去って行くもの。
落ちなし。

何遍読み返しても落ちなし。

でも、その後も仲良くやっているみたい。
さすが、サイバラ流!

今夜のNHK、0時10分からのトップランナーは「西原理恵子」ですよ。

|

« 陽だまりのブルース(太田友紀) | トップページ | 鳥頭紀行ぜんぶ(西原理恵子) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5108/43216524

この記事へのトラックバック一覧です: サイバラ茸(西原理恵子):

« 陽だまりのブルース(太田友紀) | トップページ | 鳥頭紀行ぜんぶ(西原理恵子) »