« ちくろ幼稚園(西原理恵子) | トップページ | はれた日は学校をやすんで(西原理恵子) »

2008.10.17

石の原野(トーベ・ヤンソン)

081017

石の原野 (トーベ・ヤンソン・コレクション)
トーベ ヤンソン (著), Tove Jansson (著), 冨原 眞弓 (訳) 1984

ムーミンでお馴染みの彼女の中編小説です。

貧相な小男ヨナス。辣腕で名を馳せた新聞記者。だが、たかが一介の新聞記者。
それに対しYは堂々たる体躯の新聞王の名声をほしいままにした希代の成功者。
退職したヨナスはYの自伝を書くために「石の原野」に滞留する。二人の娘の世話を受けながら。
Yの義憤に満ちた闇をエゴを暴くために。
しかし、それは薄やみに沈むネガティヴな自分自身を投影したもの。
自身の内への闇を暴くばかり。

ヨナスは仕事一辺倒で家族を顧みることもしなく、なにも知らなかった。
別れた妻がどんな思いでいたか、娘達が何を考え、どういう生活をしているか。
娘がどんな仕事をしているのかさえも。

エンディング間近の嵐の夜、娘マリアとの諍い。マリア爆発。
圧巻でした。
初めてこのとき、父は初めて、やっと本当に自分に直面する。

辛辣な言葉を武器に、ごまかしで固めた自分自身に。
彼は石の原野に全ての原稿を埋めてしまう。
娘には手紙を認めたが、書けたのは—愛するマリアへ—だけ。
「ありがとう」…


象徴的な石の原野。片付けられていない森。フィンランド風のサウナ。
鱈の、雷鳴伴う嵐の海。フィンランドの自然。

そして、最後にヨナスは癒される。たぶん…

ほんの100ページもないほどの中編小説。

いままでこんな文章に出会ったことがない、というほどの、なんか凄いもの。
簡潔だけど、とんでもなく深い。
だから1回読んだほどでは、まったく分かっていません。
なんか凄い。所収している短編2編も間接的に繋がりのある話しなので読んでおくべき。

こんな、凄い文章を書くトーベさんに俄然興味あり。
ムーミンもアニメしか知らないけど。

とにかく、なんか凄いです。

|

« ちくろ幼稚園(西原理恵子) | トップページ | はれた日は学校をやすんで(西原理恵子) »

コメント

確か高校時代の終わり頃(いや、大学1回のころ??)講談社文庫が創設された時、その中に「彫刻家の娘」という1冊があった。大学入試の英語の副教材としてムーミンシリーズを読んでいたワシは(→あまり役に立たなかったみたい)、「小説も書きんなさるだな~」と思い、読んでみたのだが、、、全く記憶に残ってネー!/んで、そんなことはどうでもよく、一つの事象に対して様々な角度から、多様な解釈。自然界の事象の流れはあるのだろうが、解釈をつけるのは人間だわな。その解釈には、利害問題、欲望、夢、意図、深層心理などが様々に関わってくるから面白い。だが、考えすぎると修羅に陥いる。そーなると辛い!いや、生きるのには信念が要るからまた考え始める、、、。てなことを思い出させてくれた、素晴らしいモコ氏の切り口でした。何のこっちゃ分からんやろけど、ありがとう!

投稿: porkin | 2008.10.18 00:06

音楽を乱聴きしていると、聴いても聴いても飽き足らない。なのでまた聴く。そして、聴く。音楽の知識?は深まったような気がするけど。

でも、音楽を全然知らない人の一言の感想。
それがまたガツ〜ンときたり。

本を読んでも読んでも飽き足らない。ガンガン読む。面白いのでもっと読む。いろんな見方を知ることが出来たような気がするけど。

でも、本なんか興味のない人の考え。
それがまたガツ〜ンときたり。

博打しか興味ない人のほうが偉く見えたり。

そんな事ですか?
全然関係ないかも!

投稿: mokomaki | 2008.10.18 01:08

それ、あるっす。とてつもなく素晴らしいものを求めて格闘し続ける。出会えた時は興奮にうちふるえる。でも、しばらく感動に出会えないときは、ベランダで叫ぶ、「つまらね~!」と。ジャンルを変えてみたりする。求め続けるのもなかなか大変だよね。でも、そーせずにはいられないから。
そー、全く知識の無い人を引っ張り出すのは楽しいです。さらに、腰抜かしてくれた時には、、、とても嬉しいです。やはり、人との関わりを求めているのでしょう。
一時winsにも、競艇場にもよくいたな~。そして運送業の場にも。そこにいるおっさん達見るの好きでした。んで、話しも面白かった。(→てか、まだまだこれからやろ~!頑張ろう!)

投稿: porkin | 2008.10.18 13:18

私もトラック運転していた事があって、毎日毎日トラックターミナルでいろんなおっさんと話したりとかの時期、楽しかったな〜。特に強面の人たちが仲ようしてくれたりして、こっちまで他の人たちから一目置かれたり。

あと、レコード&CDの卸会社でバイトしていた時があって、そこの社員はミュージシャンくずればっかりで、一緒に飲みに行ったらロクでもない昔話ばかりで、面白かったな〜。

こっちも過去形ばかりになってしまいました。

それにしてもサイバラさんのサイン会面白かったな〜

さあ、仕事です!

投稿: mokomaki | 2008.10.19 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5108/42812088

この記事へのトラックバック一覧です: 石の原野(トーベ・ヤンソン):

« ちくろ幼稚園(西原理恵子) | トップページ | はれた日は学校をやすんで(西原理恵子) »