« 印象派(原田郁子)08_31th | トップページ | 20周年(鈴木みのる) »

2008.07.12

痕跡(patricia D.Cornwell)

patricia D.Cornwell / TRACE(2004)
(パトリシア・コーンウェル/痕跡)

080712

検死官シリーズ第13弾

まだまだ評判悪いのに懲りる事なく、一気に続けて読んでいます。

今回の作品は、全く盛り上がる事なくあっさりと終わり、しかも、なんだかエッチな場面で終わっちゃいました。
久々に出て来たような気がする科学捜査の詳細な場面はとても興味深かったです。
そして、多くは人間描写の場面ばかり。
トラウマを持った人物や、奇人変人の大集合です。

全く不適格な、バージニア州検屍局長に新しく赴任したジョエルマーカス。トラウマの固まりの彼をもっと描いてほしかったです。
今だに副検屍局長のフィールディング。すっかりネガティヴな人物になっていました。
フランクポールソンの変体ぶり。
スザンナポールソンの変体趣味。
不適格者、ヘンリ。
アーネットの奇人ぶり。
お金持ちの哀れみ、ケイト。
警察やFBIの捜査官もちょっとまともではなく。

ルーシーも益々磨きがかかって。
スカーペッタも理性と様々なネガティヴな面がつらつらと。

様々な苦悩を抱えつつポジティブに生きるマリーノが格好悪くとも、なんとも魅力的。

こんなまったくミステリーじゃなくなった話に懲りずに読んでいる私って。

変体…

面白かったです。

さあ、次!

|

« 印象派(原田郁子)08_31th | トップページ | 20周年(鈴木みのる) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5108/41808057

この記事へのトラックバック一覧です: 痕跡(patricia D.Cornwell):

« 印象派(原田郁子)08_31th | トップページ | 20周年(鈴木みのる) »