« 急に参戦〜ジギタリス(digitalis)08_30th | トップページ | ピンと来たら(Yael Naim) »

2008.06.23

審問(patricia D.Cornwell)

patricia D.Cornwell / The Last Precinct(2000)
(パトリシア・コーンウェル/審問)

080623

検死官シリーズ第11弾

益々面白く一気に。

この作品はケイの感情面の移ろいに焦点を当てた作品で、誰も彼もが信用できなく、精神的にも窮地に陥る作品。

そんな場面での文章に多々感情移入できる所が一杯あって、興味深く読み進めました。

例えば、

いやなことは聞かれない。
ケイは、そういうシグナルを出している。
黙っていてほしいときに、質問されないときにそうなる。
自身が巧みに誘導していることにだれも気づいていなくて。
そういう技術に精通するようになったのは子供の頃。
父の事をクラスメイトから聞かれたくなかった。
人に話さない事、そして聞かれない事が私の習性になった。…

云々。

もう、いろいろ同感…

そして物語は、いつものように!急展開で解決。
一応!

最後まで信用できなかったけど、ニューヨークの敏腕女性検事、ジェイミー・バーカー。
格好良かった〜
感動した〜

さて、次回作はとても評判の悪い作品。
どうかな〜?

|

« 急に参戦〜ジギタリス(digitalis)08_30th | トップページ | ピンと来たら(Yael Naim) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5108/41618764

この記事へのトラックバック一覧です: 審問(patricia D.Cornwell):

« 急に参戦〜ジギタリス(digitalis)08_30th | トップページ | ピンと来たら(Yael Naim) »