« 疾走!マイルス・デイビス | トップページ | 追悼(クリス・ベノワ) »

2007.06.28

ドイツクラブ風(Elizabeth Shepherd Trio)

ぎょうさん気に入ったアルバムはあるんですけど、面倒くさくなって書いていないのでたまには…
さらっとでも良いから次々と書いていきたいな〜と。

070628 Elizabeth Shepherd Trio / Start To Move (2006)

Elizabeth Shepherdのピアノと歌を中心としたカナダのジャズトリオ。
デビューの時から気になっていて、さあ買おうと思っていたら、今年になり日本盤が出ることが決まり待って、買い、聴いて。
最初は個々の曲は格好いいけど、まとまりがないなと思っていましたが、今はとてもお気に入り。

オーソドックスな4ビートあり、5拍子あり、凝ったアクセントのついた変拍子あり、ボーカルもソウルフルだったりボサ調だったり、スキャットもあり、ゲストでトランペットもギターも入っているし…
とにかく面白いです。
1曲目の「Start To Move」が7拍子だか4+3拍子だかで、ドイツのクラブジャズ風で嵌ります。
ネットでPVなんかを拾えるマイルスの曲「Four」なんかも歌詞をつけ歌いとても格好いいです。

次回作も楽しみです。

|

« 疾走!マイルス・デイビス | トップページ | 追悼(クリス・ベノワ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツクラブ風(Elizabeth Shepherd Trio):

» Elizabeth Shepherd Trio / Start To Move [ a.g.studio "weblog"]
タワレビュに拠るとiTune Music Store で既に結構な売れゆきだそーで、またもや逸材現るって感じですね。 格好いいです。 ボーカル&ピアノ、ベース、ドラムの3人と云う最小単位で無駄なく、その効果を最大限発揮している、そんな印象です。 基本的に Jazz ですが、リズム自体はハネもんグルーヴファンクから、サンバあり、もちろん4ビートあり、と本人の好みか営業戦略か、いい具合にチョイスされていて飽きさせません。 しかし、各々の曲をじっくり聴くと、古今の Jazz の有名どころの一部が要... [続きを読む]

受信: 2007.06.29 09:37

« 疾走!マイルス・デイビス | トップページ | 追悼(クリス・ベノワ) »