« 米国デビュー(Émilie Simon) | トップページ | Sasori_2 (Meiko Kaji) »

2006.11.03

Sasori_1 (Meiko Kaji)

はい、予定通り嵌っています。

061103 『女囚701号 さそり』(1972年)伊藤俊也監督、主演:梶芽衣子

恋人である刑事に、おとり捜査に利用された裏切りにより逆上し、殺人未遂で刑務所に入れられ、復習の恨み節が始まります。

梶芽衣子が演ずる別名さそりこと松島ナミは、それはもう格好良くて。セリフは2言、3言だけ。凄まじい目だけの演技です。元恋人や警視庁の連中、刑務所長を始めとする刑務官の連中、囚人達もそりゃもう悪い奴ばかりで。唯一の理解者の囚人ユキ(渡辺やよい)も暴動の時に死んでしまいます。ますます恨みは募るばかり。

暴動にまぎれて一人脱走(2度目の脱走です)したさそりは、黒いパンタロン、黒いロングコート、黒いシルクハットの衣装で、恨み節を歌いながら、いや、BGMで流れている中、復習の敢行です。悪者の警察関係者、そして元恋人を次々に殺していきます。

警察署内で復習を終えたさそりは、エンドロールで刑務所に戻っていきます…

演出がとことん臭くて、エロ満載で、暴力満載。時代を感じさせる映像が、もう最高です。

|

« 米国デビュー(Émilie Simon) | トップページ | Sasori_2 (Meiko Kaji) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5108/12532998

この記事へのトラックバック一覧です: Sasori_1 (Meiko Kaji):

« 米国デビュー(Émilie Simon) | トップページ | Sasori_2 (Meiko Kaji) »