« Khaos(大高清美) | トップページ | as female voice (Telefon Tel Aviv) »

2006.11.16

少年H(妹尾河童)

Hというあだ名の少年、妹尾肇の太平洋戦争最中の話。
あくまでも小説ですけど!、とても面白かったですね。

061116 妹尾河童/少年H(1997)

何の知識もなしに(例えば、妹尾河童さんと国木田かっぱさんの区別もつかないぐらい!)読んだんですけど、後でレビューとか見ると賛否両論ですね。でも、あくまでも小説ですよね。

主人公Hがいろんな体験を通じての心模様が、刻々と成長していく様に、文章や話し言葉に感銘しました。
そして、あまりにも早すぎる成長が、葛藤がバランスを崩し、とうとうあんなことに…

丁度、読んでいる時に言った神戸私立博物館。その常設展示に神戸の歴史に関する資料があります。戦前などの街の模型や写真等の資料がとても参考になりました。

この家族その後はどうなったんですか?
妹さんなんか無事にお嫁にいったんですか?
ドラマはどんなキャスティングだったんですか?

|

« Khaos(大高清美) | トップページ | as female voice (Telefon Tel Aviv) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5108/12703374

この記事へのトラックバック一覧です: 少年H(妹尾河童):

« Khaos(大高清美) | トップページ | as female voice (Telefon Tel Aviv) »