« ポッドキャスティングリスト_1 | トップページ | メイキング(ドッグヴィルの告白) »

2006.06.24

3時間の苦痛(ドッグヴィル)

060624_1

いつか見たいと思っていた。ラース・フォン・トリアーの最新映像。

ドッグヴィル/ラース・フォン・トリアー(2004)

ドッグヴィルの町のセットは白線と簡素な家具だけのもの。最初から最後までそのセットだけで繰り広げられる映像。
嘔吐感を催すようなカメラワーク。どこも見ても嫌悪感や苦痛を感じる。不安や恐怖。人間のおぞましさや愚かさ。
悲劇的な結末…

3時間の苦痛を、脇目もふらず集中して味わいました。

そして、しばし呆然。

こんなの見ない方がいいです。

インタビューでは、とても優しい感じで人間的な監督のラース・フォン・トリアー。
確か、船とか飛行機とか怖くて、海外に行けないとか言っていましたね。

でも、ニコール・キッドマンが見れて。

強烈にいつまでも残る、映像、ストーリー。

でも、本当に、こんなの見ない方がいいですよ。

ちょっと気分転換にヴァシュティ様の歌を聴いてから寝ることとします…

|

« ポッドキャスティングリスト_1 | トップページ | メイキング(ドッグヴィルの告白) »

コメント

この映画は大好きです。見ていて不快感というか
見ていられないシーンもありますが、個人的に
はこの映画が発表された年のナンバーワンだと
思いましたが、見たくない気持ちもよく判り
ます。

投稿: Cottonwoodhill | 2006.07.02 13:14

Cottonwoodhillさん、
ちょっと人目を引くために逆説的に書いてみました!
ダンサー…も納得いかないストーリーながら何遍も見てしまいました。
この作品も同じです。
こんな作品をクリエイト出来るラース・フォン・トリアーはすごいと思います。

投稿: モコマキ | 2006.07.03 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5108/10667002

この記事へのトラックバック一覧です: 3時間の苦痛(ドッグヴィル):

« ポッドキャスティングリスト_1 | トップページ | メイキング(ドッグヴィルの告白) »