« 一言(ギャボ) | トップページ | コンチェルトマニア »

2006.06.20

情熱的な静寂(Lisa Bassenge Trio)

060620 Lisa Bassenge Trio / Going Home (2003)

疾走するベルリン、いま何かが息衝いている街。リサ・バソンジュ・トリオの噂は、寒空の下を、闇の中を、混沌とくぐり抜け、じわりじわりと拡がっていった。魅惑的で気怠い彼女の声。心を抉り取られるほどの情熱的な静寂。無限に深く繊細な音は、ことばと感情の色に沿って濃密な貌をあらわにする。燻る薄煙のようにフラクタルな音の波は、まるで悠々と時間を操り、私たちの呼吸のリズムを変えてしまう。

そう、5月18日に取り上げた「Micatone」のボーカルとベースの別プロジェクト。
1曲目の「ライクアバージン」でメロメロです。
あと「ベサメムーチョ」「ジゴロ」「ドゥドゥドゥでダダダ」とか。
北欧系の風景たっぷりのドイツのジャズです。

あ、すいません。
最初の段落のおしゃれな感想はいつのまにか、帯に書いていある紹介文と一緒になってしまいました!

|

« 一言(ギャボ) | トップページ | コンチェルトマニア »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情熱的な静寂(Lisa Bassenge Trio):

« 一言(ギャボ) | トップページ | コンチェルトマニア »