« 底流(Bill Evans & Jim Hall) | トップページ | 今年はバルトークで(Hélène Grimaud) »

2006.06.05

脈々と(Charlotte Martin)

060605 Charlotte Martin / Veins (2005)

あんまり彼女のことは調べていなんだけど。
2004年のデビューアルバム「On Your Shore」がとても良かって(と言っても、まだ書いていませんが)、iTMSで購入したミニアルバムが本作。
ピアノソロを基準として、バンドサウンドが重なっていくパターンで聴いたところ全て一人多重録音のよう。
歌や曲は、ぶっちゃけるとトーリエイモス派!
あれほど感情を吐露して歌いませんが。
デビューアルバムよりそういう影響をうまく消化して、よりオリジナルな表現を身につけつつあります。
アタックの強いピアノの音、優しいピアノの音、脈打つリズムセクション、感情が高まるバンドサウンド。
ケルトっぽいスピリチュアルな音。クラシカルなアルペジオ。それに呼応し自在に操る声色。
悲しみや祈りが脈々と流れていく。

ところが、
デビューアルバムは不幸にもコンピューターになんか変なソフト(DRM)が組み込まれるアルバムです(Macなら大丈夫ですけど)。
それに、
このアルバムは、iTMSでしか購入できないみたいです。

|

« 底流(Bill Evans & Jim Hall) | トップページ | 今年はバルトークで(Hélène Grimaud) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脈々と(Charlotte Martin):

« 底流(Bill Evans & Jim Hall) | トップページ | 今年はバルトークで(Hélène Grimaud) »