« D51(SL伊賀号) | トップページ | 暴走プレイ(Mahavishnu Orchestra) »

2005.07.08

ジャングル(Chaka Khan)

夏(また)と云えばジャングルや草原や猛獣(!)。猛獣と云えばチャカ・カーン(?)
そんなアルバムといえば、

050708Chaka Khan / Come 2 My House(1998)

1曲目のアレンジがなんかジャングル的(ジャケットからして)で、Chaka の上手すぎる歌が猛獣の声に聞こえたり、草原の風景が浮かんで来たり、
はたまたリゾート地の浜辺で一休みしたり。カメラがパンすると、実は都会のバーでウォッカを飲みながら物思いに耽っていたとさ。

プリンスのアレンジが格好良くて、ラリーグラハムの歌やベースもまた良い。ホーンセクションも秀逸。

|

« D51(SL伊賀号) | トップページ | 暴走プレイ(Mahavishnu Orchestra) »

コメント

チャカ・カーンだ、チャカ・カーンだ。
昔「FMレコパル」という雑誌があって、そこに載っていた紹介記事を読んで、一枚だけ買ったことがあります。正確には「ルーファス」の頃かな?

その後、いきなりリック・ウェイクマンの「1984」で歌ったりして、びっくりした記憶があります。
たいして聞いていないんですが、好きだなあ、なんとなく。

ちなみに僕の場合、ジャングルと言えばじぇすろ・たる(直球過ぎるかな)。

投稿: 村野かかし | 2005.07.09 15:19

「FMレコパル」は時々買っていましたね。懐かしいです。
「ルーファス」も「1984」も知らないのでまた聴いてみます。Jethro Tull は得体の知れない森ですね。

それにしても歌唱力抜群。

投稿: モコマキ | 2005.07.10 00:07

チャカすんごいすね!
殿下は人のアルバム作っても殿下度が濃いので、歌う人はなかなか大変なようですが、チャカは歌いきってますよね!
でもオケに耳を傾けるとドップリ殿下色です。
これって結局殿下が自分の歌をチャカに歌ってほしかっただけなんちゃうの!?みたいな…
ま、色々云うてもやっぱ格好いいんですけどね!

投稿: ta | 2005.07.10 20:58

やっぱり音色の選び方とか音のバランスとかが天才的です。歌も天才です。
でも結構チャカのアルバムは廃盤が多い様な。

投稿: モコマキ | 2005.07.10 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャングル(Chaka Khan):

« D51(SL伊賀号) | トップページ | 暴走プレイ(Mahavishnu Orchestra) »